テレビ探偵団探偵団

懐かしの『テレビ探偵団』を振り返る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青島だあ・ウルトラシリーズ・シャボン玉

ゲスト:青島幸男


三宅「こんばんは。勤労感謝の日にまでこうやって、
   勤労できる事を本当に喜んでおります。
   TBSさん、本当にありがとう」
山瀬「明日は代休でお休み。いつになく、のんびりした日曜日の、
   夕食の後のひとときを、お過ごしの事と思います」
三宅「上手く言えたじゃん。上手く言えたじゃーん。(肘打ち)
   横にいてドキドキしちゃったもーん」
山瀬「三宅さんもだいぶ慣れてきましたね」
三宅「はい…。 どうもありがとう…。
   今日は(朝井さんは)何やりますかね?」
朝井「えー、いろいろ迷ったんですけど、視聴者が非常に、
   ウルトラシリーズをやってくれって葉書が多くて…」
三宅「ウルトラマンとか、ウルトラセブンという事ですね」
朝井「はい。で、今回はですね、ウルトラシリーズに出ておりました
   意外な、このタレントというのを特集してみます」
三宅「楽しみにしています。
   それでは早速、今夜のゲストをお呼びしてみましょう。
   この方、です!」

(VTR)シャボン玉ホリデーの「ひな子さん…」コント。
シャボン玉ホリデーのテーマがかかる中、全員起立で青島幸男登場。

三宅「どうも、宜しくお願いします。もう、さすがにこう…
   『青島だァ』っていう自己紹介は、無いですね?」
青島「今やってもいいんだよ、べつに」
三宅「やってもいいんですか?」
青島「あれ難しいんだよ、なかなか」
三宅「あれ、やり方ありますよね」
青島「やってごらん」
三宅「最初に『チャッ(舌打ち)』、これありますよね?」
青島「そうなんだよ」
三宅「(チャッ)青島だァ」(ユッサユッサ)
青島「そうそうそう」
三宅「あってます?」
青島「それでいいんだよ」
三宅「やってみてください。 本家本元」
青島「最初にこう来てね、サッと行かないんだよ。
   勿体ぶってね… (チャッ)(ユッサユッサ)青島だァ」(満場笑拍手)
三宅「しかし青島さんというと、いろんな事を、肩書き持ってますからね。
   ご職業を説明する時に、非常に、説明しにくいんですけど…
   まみちゃんは、青島さんと言えば、どんな事をやってる人だと思います?」
まみ「意地悪ばあさん」
三宅「あのね。そら… そらそうだろうけどもさ。
   それぐらいたくさんあるわけですね、肩書きが。
   そいで、今日はですね、実はスタジオの方に来てくれました
   皆さん100人に、聞いてみましたんで、早速、行ってみたいと思います」
(クイズ100人に聞きましたの質問時のブリッジが流れる)
まみ「クイズ、スタジオの100人に聞きました」
三宅「(テーブルの前に行って肘をかける関口宏スタイル)
   えー、それではいいですかあ? スタジオのお客さん100人に聞きました。
   青島幸男さんの職業はなんでしょう。
   そいじゃまずこちらから聞いてみましょう。朝井さん」
朝井「はい。えー… 国会議員」
(正解チャイム:参議院議員=第3位14名回答)
三宅「正解ですねえ。ありましたねえ。
   続いて、青島さんにお聞きしたいと思います。どうでしょう」
青島「…作家ですね」
三宅「作家」
青島「はい」
(ブー)
青島「アレ?」
三宅「ブーですねえ」
青島「作家じゃないのかねえ? (^▽^; 」
三宅「一応100人に聞いた結果ですからねえ」
青島「あ、そうですか」
三宅「朝井さん、どうでしょう?」
朝井「さっきまみちゃんが言ったぐらいだから、
   意地悪ばあさんってのあんじゃないですか?」
(正解チャイム:意地悪ばあさんの主演=第1位38名回答)
三宅「あー、正解。これが第1位なんですね。
   続いて、青島さん、どうでしょう?」
青島「うーん… タレント。っていうのは…」
(正解チャイム:タレント=第4位10名回答)
三宅「正解ですねえ。これが第4位でしたね。
   朝井さん、どうでしょうか?」
朝井「うーん… 司会者。ってのがあるかな?」
(ブー)
三宅「あ。残念ですねえ」
朝井「司会やってらした事ありましたよね?」
青島「ありますよー。かなり長い事やってた。13年もやってましたよ。
   放送作家ってのあんじゃないですか?」
(正解チャイム:放送作家=第5位8名回答)
朝井「あとはなんですか?」
三宅「この第2位っての見てみたいですけど、なんでしょ?」
(青島美幸の父=第2位22名回答)
三宅「アレ? 青島美幸の父って…」
青島「(笑)まいったなー。そういうのこっちから出ないよね」
三宅「肩書きとかそういう事じゃないですもんね、どっちかと言うとねえ」
青島「この頃そう言われるね。
   『見て見て見て見て、青島美幸のお父さんよ』って。
   『うるさいんだよ、この野郎!』(^▽^;  って感じがするね」
三宅「放送作家っていうのは、僕なんかは一番…
   イメージ的には強いんですけどね」
青島「あのね、なんかもの書いて食うようになりたいなって
   気持ちはあったんだけどね、なかなか難しかったんだけど、
   その当時ちょうどね、あの…テレビ局がいろいろ、発足したりしてね」
三宅「開局したわけですね」
青島「ウン。で、テレビ時代になったわけ。
   そん時に隙間に入り込んでね、放送作家なんてのに、まず…
   食らい付いたんだね」
三宅「それでまず覚えてんのが僕、『おとなの漫画』ですね」
青島「あったねえ」
朝井「昭和34年に、フジテレビ開局と同時始まった5分間生番組」
青島「よく知ってんね、あーた。 そうなの」
三宅「そいでなんか、青島さんは、あの…永六輔さんがやめて、
   すぎやまこういちさんの紹介で行ったんじゃないですか?」
青島「(苦笑)永六輔さんがやめてキノトールさんがやめてね。
   三木鮎郎さんがいたんだけどね、みんなギャラは安いし
   骨は折れるって逃げちゃったの。で、俺、補欠で入ってたんだけどね、
   (俺も逃げようかナー)って時にアッとつかまっちゃったんだよ。
   そいで逃げらんなくなっちゃった(苦笑)」
三宅「そこで今日はですね、もう、青島家の家宝とも言うべきですね、
   もう、国宝と言ってもいいんじゃないでしょうかね。
   その当時に実際に使ったですね、
20050219220439.jpg

   フリップを持ってきて戴いたんですけどね。
   僕なんか、すごい懐かしいんですけどね」
青島「懐かしいな」
三宅「これもう、だいぶ汚れてますけども、古いって事もありますけども、
   あとは、白黒の画面で、このくらいの感じで
   良かったんじゃないかと思うんですけどねえ。
   これを実際に使ってる、VTR見て見たいと思います。おとなの漫画です」

VTRが流れる。ハナ肇が「提供、毒草丸本舗」と読み上げると笑いが(笑)。

三宅「大体、当日の新聞のネタからっていう…」
青島「そうなんですよ」

エンディング音楽がなり始める
三宅「これが懐かしいんですよ。
   『ちょうど時間と、なりまーした。ハ、こーりゃ、シャクだった』。
   すんごい懐かしいですね」
青島「あー…懐かしいねえ~(^^) 」
三宅「中身ってのは色々…毎日替わってましたからねえ。
   この最後の、『ハ、こ~りゃ、シャクだった』。
   これはなんですか、青島さん?」
20050219220425.jpg

青島「4月1日の…」
三宅「エイプリルフール…」
青島「エイプリルフールなんて時に、カメラの前にこうやんだよ」
三宅「これで…ちょっと、じゃあ…」
青島「これ白黒の画面にしてさ、ちょっとやってみようよ。
   うん。それでこれをこう、カメラの前で揺するんだ、よくね。
   マスターがビックリすんじゃないかねえ、これ(笑)。こうくんだよ。
  (実際に波線フリップを揺すると停波中のテレビのように…)
   で、こういったりね…」
三宅「で、ずーっと引いてきて…」
青島「そう。そうすっとね、お宅ではみんな、『あ、どうかした?
   お母さん、どうかしましたよ、テレビ。なんでしょうね?』
   って、こうやってるわけですよ。と、植木屋が…
   植木屋って、植木等さんが、『ホラ、お宅… シャクだったなー』」

当時はテレビの放送事故がしょっちゅうありました。
放送中にフィルムが切れたり、画面がおかしくなったり。
『しばらくお待ち下さい』ってフリップをしょっちゅう見た記憶があります。
NHKでは金魚が泳いでる映像もあったかな。
そんな時代ですから、このギャグには本当に騙された人もかなりいたでしょう。

三宅「なるほどー(笑)。 えー、というわけで今日はですね、
   青島幸男さんの魅力をタップリ、いろんなお話お聞きしたいと思います」


(CM)
37型テレビ、ワールドスクエア。15秒
エアコン霧ヶ峰。萩本欽一。15秒
三菱のお店で大感謝祭り。12/5・6・7。宮尾すすむがサンタの格好で「ハイ」。


昭和43年参議院選当時のニュース映像。
昭和56年直木賞受賞のニュース映像。
三宅「ほんとにいろんな事なさってますねえ。こうやって見ただけでも」
青島「結果そうなったですね」
三宅「ねえ。どれが本職だっていうの、今だともう…
   やっぱあんまり…しぼれないですよね?」
青島「……なんでも面白いんだよね。やってると」
後年、東京都知事にまでなるのでありますが…

三宅「ま、この番組はですね、こう、ゲストの方のですね、
   懐かしいと思う、テレビ番組をね、放送するんですけども、
   青島さんの場合は、これが懐かしい!ってのありますかね?」
青島「一番最初出たのがシャボン玉ホリデーだから」
三宅「あ。 タレントとして…」
青島「うん。 出たっつったって出るつもり無かったんだけどね、
   石橋エータローくんって人がね、具合悪くなって
   出られなくなった時あったんですよ」
三宅「(咳払い)」
青島「結核になったりして。(咳払い)
   それで私が、その穴埋めに出たりなんかしてね。
   それでいろいろやってるうちに…なんか、青島だァ…なんて事になって…」
朝井「あれでしょ。金色夜叉かなんかの、コントでやったんでしょ、最初」
青島「そうらしいんだよ。それ、あんまり定かに覚えてないんだよね」
三宅「あと僕、青島さんのね、『なんとかバイ。ビスビス殴れ』。
   この『ビスビス』って言葉がね」
青島「あー、ありましたありました (^^) 」
三宅「好きだったんですよね」
青島「(見上げて)『スケール小さいな、お前~』ってのもあったね(笑)」

(VTR)シャボン玉ホリデー

三宅「(ピーナッツは)きれーにハモるんですよね、声質が同じだから。
   片一方の人はホクロを付けてたんですよね、たしか」
青島「そうです。こん時つけてないですね」
三宅「あ、無いですねえ」
青島「片っぽ自前があるもんですから二人とも一緒にってんで付けてたんでした」
三宅「そうですねえ」


三宅「無論っていう言葉、わりと好んで使ってませんでした?」
青島「無論、やってましたね」
三宅「あと僕、秀逸だと思ったのはですね、
   結婚式とお葬式のお客さんが一緒になっちゃうやつありましたよねえ」
青島「…覚えてないんだよねえ」
三宅「覚えてないですか。これ好きだったんですけどねえ」
青島「入れ違いになっちゃったりなんかして…」
三宅「いや。二人で話をしてんですよ。一人は故人について、話をしてて、
   もう片っぽは今結婚した新郎新婦について話してて、
   それがピッタリ合っちゃうっていうような…」
青島「…素晴らしいアイデアだね!」
三宅「すーごく良かったんですよ、これ」
青島「最近の放送作家には無いアイデアだ!」
三宅「どうです。最近のバラエティーショーなんかご覧になっててどうですか」
青島「…いいホン屋がいないねえ。ハッハー! 言い過ぎたかなー!」
三宅「いや、それを言って欲しいんですよ」
青島「そうなんだよ。君も苦労してるだろ?」
三宅「いやいや…(苦笑)」
青島「いいホン屋がいないんだよ。高平(哲郎)とかねえ。
   この、いろんな… 大したモンいないんだよ、今。
   困るんだよ、だから。 哲学が無いんだよ、最近の奴らには、ね」
三宅「あ。コントに哲学が無い?」
青島「哲学が無い…」
三宅「昔はありましたかねえ?」
青島「ただ張り倒せばいいってもんじゃない」
※ この番組の構成が高平哲郎


● なつかCM(昭和42年)レナウン・シリーズ肌着
詳しくは拙作『昭和テレビ大全集』の方でレポートしてます。

三宅「これ…(笑)。『今時こういうの流行んないよ』っていうの…(笑)」
青島「あー。懐かしいねえ」
三宅「これは賞を貰ってるんですよね?」
青島「そう!これも賞ったって国内じゃないんだよ。
   アメリカ…で、なんかね… 大々的にやってるんだよ」
三宅「えー、これはですね、第9回全米CMフェスティバルの、
   タレント賞ですからね」
青島「そうだよ」
三宅「青島さん個人。タレントに、与えられた賞なんですよ」
青島「偉大なるもんだよ、これは!」
三宅「もうね、これはもう、偉大ですよ」
青島「無論だ!」
三宅「ほんとにもう、これですよ(拝む)」
青島「拝むなって」


(CM)
エアコン霧ヶ峰:萩本欽一15秒
ビデオ HV-F11:マドンナ Mのビデオ
三菱のお店で大感謝祭り。12/5・6・7。宮尾すすむがサンタの格好で「ハイ」。


三宅「ま、タレントの青島幸男さんというと、まず一番最初に頭に浮かぶのが、
   意地悪ばあさんだと思うんですけどもね。
   まみちゃんなんかもそうでしょ?」
まみ「そうですね」
三宅「意地悪ばあさんというのは一番印象に残ってる?」
まみ「はい。私、意地悪ばあさんが将来の夢だったんですよ」
三宅「将来の夢?」(一同笑)
青島「ずいぶん先の事考える人だったんですね、あーた」
三宅「なーに、将来の夢って?」
まみ「いやぁ、お婆さんになりたかっ… あ、お婆さん…(笑)」
青島「お婆さんになったら、ああいうお婆さんになりたかった」
まみ「お婆さんになったら、意地悪になりたかった」
三宅「意地悪になりたかった? はあ、そうですかね~?
   あの、他にも、タレント青島幸男としてはですね、
   ドラマに、何本も、出ていらっしゃいますけど、
   僕が覚えてんのは、やっぱり、『いまに見ておれ』」
青島「うん。鉄道員の話で有りました」
三宅「主題歌をちょっとですね… ♪ ポンポンポンシュッシュ」
青島「♪ チュッチュカリ シュッシュ
   あれ、難しいんだよね? 覚えられないんだよ、あれ」
三宅「あれ、難しいんです。歌詞あったんですか、あれ」
青島「歌詞無いんだよ。 ♪ シュッシュ チャカチャカチャカチャカ…」
三宅「♪ シュッシュバラリコセッセ とか…」
青島「そんなの! よく覚えてるね、あんた」
三宅「♪ セッセッセッセ。とか言うんですよ。
   ♪ いまに見ておれ いまに見ておれ シュッシュバラリコセッセ。とか。
   それでね、リクエストもずいぶん来てるんですけど、
   『私は25歳のOLですが、私が3、4歳の頃に放映していた番組で、
    青島幸男さんが、犬に変身する番組をもう一度観たいと思うんですけど、
    たしか、泣かせるドラマだったと記憶しています』」
青島「『泣いてたまるか』だよ」
三宅「渥美清さんと交互に、やってましたよね?」
青島「♪ 泣いてたまるかよ~。 どうしてノセるんだよ(苦笑)」
三宅「自分がノッてる…」
青島「自分がノッてんだよな(大笑)」
三宅「♪ そーらに… なんとかがあーる…」
青島「♪ 空が泣いたら…」
朝井「♪ 雨が降ったら… 風が吹く…(笑)」
三宅「それは違う(苦笑)。 気象庁の歌じゃないか、それだったら」
青島「お前なんにもわかってないじゃないか、コノヤロウ!
   偉そうなこと毎週言ってやがって(笑)」

(VTR)ドラマ『いまに見ておれ』昭和39年TBS
(VTR)ドラマ『泣いてたまるか』昭和41年TBS

『泣いてたまるか』で犬から人間になり、ワンと吠えるシーン
三宅「いろんな事やってたんですねえ、青島さん」
青島「やってましたねえ(苦笑)」
獅子てんや・瀬戸わんやが出演。

(VTR)ドラマ『意地悪ばあさん』昭和42年読売テレビ
青島「うわー、懐かしいの出て来ちゃったなあ」
小川知子(18歳)が出演。


● 私だけが知っている 『ウルトラシリーズに出ていた意外なタレント』
・ウルトラシリーズの大ボケ役
ウルトラQ、一平くん。ナメゴンの回。

ウルトラセブン、ダリーの回。松坂慶子。
ウルトラマンタロウ、坂口良子。サインはVとのコラボ。
ウルトラマンレオ。阿川泰子、杉田かおる。


● リクエスト葉書ベスト10
1 仮面ライダー 2 キイハンター 3 少年ジェット・柔道一直線
5 河童の三平 6 サインはV 7 ウルトラQ
8 てなもんや三度笠 9 ザ・ガードマン 10 月光仮面


東宝映画『ニッポン無責任時代』より
青島幸男作詞『ハイ、それまでよ』(植木等)を流して終了
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2008/03/12(水) 03:03:47 |
  • |
  • #

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://teletan.blog3.fc2.com/tb.php/7-9314a7e8

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2006/12/20(水) 20:26:34 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。